希望に沿ったプラン【自分にぴったりな安い海外旅行保険】

環境の整理

まず、今の自分の環境を理解することから始めなければならないでしょう。なにを保険相談すればいいのかということを。例えば、自分が事故にあった場合あるいは、病気入院をした場合のこと。会社を退職、引退した場合どのくらいお金が掛かるのか。その後の生活に掛かるお金はいくらくらいなのか、子供がいる場合教育費はいくら掛かるのか。自分が亡くなった場合その後残された家族たちにかかるお金はいくらくらいなのか。まずは、今の自分に不慮ななにか突発的な出来事が起こった場合どの位掛かるのかを、はっきりさせておきたいものです。しかしながら、自分ではっきりとわかる人がいるのでしょうか。自分がこうなったらこれ位掛かるのではないかなどと。非常に稀だと思います。ここで保険相談に相談したいですね。ある程度の知識がないまま保険相談ではなく、ある程度明確なビジョンを持ってから保険相談したほうがスムーズになると思います。

保険相談の方にただ、こんな保険がありますなどといわれた場合、これはただの営業でしかありません。では、よさそうな保険相談の人とはどんな人なのでしょう。例えば、私がある日突然入院しなければならなくなったと仮定した場合、その日のうちから仕事ができなくなり1カ月のうちどれほどの損失が出て、家の人たちが病院までお見舞いに来る費用などを即提示してくれる方や、私の人生のなかでなにに重点が置かれているのかを客観的に提示してくれる方は信頼に足ると思います。保険相談とは本人ではわかり難い部分を、客観的に教えてくる、あるいはサポートしてくれることではないかと思います。気がつかない部分を明確にしてくれることではないかと思います。