希望に沿ったプラン【自分にぴったりな安い海外旅行保険】

保険の相談

保険相談といっても、生命保険、損害保険、自動車保険、医療保険などさまざまな保険があります。では、その保険に加入をするまたは保険に加入している場合は見直しをしたい、そうなったときの保険相談は誰にするかです。世の中には販売する人は身近にいたとしても、相談にのってくれる人はいるでしょうか、ほとんどの場合販売されたらそれっきりになります。では生命保険の相談を生命保険会社、損害保険は損害保険会社、自動車保険は自動車保険の会社にそれぞれ相談するとなると、大変です。1箇所でできればいいいのですが、それを可能にするのがファイナンシャルプランナーです。個別に保険相談をすると、生命保険、損害保険そして保守財産の重複がでます。それが保険料の無駄になるのです。

生活を守る仕組みとして、国の社会保障制度、企業の企業保障制度があります。すでに常備されたしくみを確認して、それでも足りないものを保険相談をして補うのが任意で入る保険になります。最初から保険で準備をするとなると、常にある保障を確認しないままになりますので、必要保障額もその制度を考えていませんので必要以上の保障額になり保険料も高くなります。国や勤めている会社の保障を確認したら、即保険ではなく保有している金融財産を確認します。生命保険であれば、遺族の収入でカバーするのか株や債券そして不動産を売却して準備するのかなどあります。必ずしも保険で準備しなくてもよいのです。どうしても準備できない分を保険でカバーします。